新設「DMM Bitcoin」の気になる取扱通貨は現物で2種類

DMMグループが運営する「東京ビットコイン取引所」の商号が「DMM Bitcoin」となり、新サービスとして展開する。

DMM Bitcoinの前身となる東京ビットコイン取引所は順次サービスを停止、DMM Bitcoinの口座開設の受付は2018年1月11日を予定している。

取扱通貨は現物2種類、信用7種類

DMM Bitcoinで予定している取扱通貨は、現物取引がビットコイン、イーサリアムの2種類。信用取引がビットコイン、イーサリアム、ネム、リップル、ライトコイン、イーサリアムクラシック、ビットコインキャッシュの7種類となっている。

OTC取引とは(仮想通貨取引にみるOTC取引)

OTC取引とは取引所のような市場を介さず、売り手と買い手が相対して取引を行うことを言います。

OTCは「Over The Counter Transaction」の略で、店頭取引や相対取引などと呼ばれることもあります。

主に大口の取引が多く、理由は大口の場合は市場を介すと価格形成に影響を与えてしまうことや、全数量を一括の価格で取引できるメリットなどあります。


ビットコインなどの仮想通貨も株式の取引同様にこのOTC取引が行われています。

なお、仮想通貨取引所の大手「coincheck」では以前、OTC取引を行っていましたが現在では停止しているようです。

【2017年12月最新】日本国内にある仮想通貨(ビットコインほか)取引所・販売所

【2017年12月最新】日本国内にある仮想通貨(ビットコインほか)取引所・販売所

ビットコインなどの仮想通貨を始めてみたいけどどうすれば良いのかわからないってこと多いですよね。

仮想通貨の取引には、まずはじめに以下にある仮想通貨取引所に口座の開設をする必要があります。これは銀行に口座を開く、株取引であれば証券会社に口座を開設するのと同じようなものだと思って下さい。

ビットフライヤー(bitFlyer)

Zaif

GMOコイン

coincheck

多くの仮想通貨取引所の口座開設費や維持費は無料

多くの取引所が口座開設費や維持費は無料なので安心して以下の取引所から口座開設しましょう。