マイニング(採鉱)ってなんだろう???仮想通貨のマイニングについて初心者にわかりやすく解説します

ビットコインをはじめとした仮想通貨初心者にとって仮想通貨を難しいものに感じさせてしまう理由のひとつに難しい専門の単語・・・たとえば「マイニング(採鉱)」などがあるのではないでしょうか。

rawpixel / Pixabay

マイニングの説明をするために少しだけ仮想通貨の仕組みについてお話します。(仮想通貨の技術的なことには興味がないよ、お金を増やしたいだけだよ、っという方は読み飛ばしてください)

超かんたんに説明すると、仮想通貨はすべての取引がデータ化されていてブロックと呼ばれる単位で管理されています。そしてブロックがチェーン上で繋がっているイメージのシステムであることから「ブロックチェーン」(分散型台帳システム)と言います。
今回はマイニングについての説明のために詳細は端折りますがこのブロックチェーンの技術には相当な計算が必要で、その計算のために手持ちのPCを使ってお手伝いをするのがマイニング(採鉱)作業になります。
なお、すべての仮想通貨でマイニングという呼び方をするわけではなくリスク(Lisk)などでは異なった名称になります。

そして、マイニングをした者にはお手伝いの報酬として、採鉱の対象となった仮想通貨が支払われる仕組みになっています。

マイニングは決してノーリスクではないので要注意

なるほど!ただでビットコインが貰えるのか、そう言えばどこぞやの仮想通貨情報ブログに「ノーリスクで儲かる仮想通貨のマイニング!」って書いてあったな、と思われるかともいらっしゃるかと思いますが、決してノーリスクではないので注意しましょう。

仮想通貨のマイニングは高速な計算処理を要求されます。お手持ちのスマホやご自宅のノートPCでもマイニングができないことはないですが収入は数円(一桁)レベルです。手間暇を考えると完全に割に合いません。
では、個人で実用性のあるマイニングを行うにはどうすればよいか?というとGPUと呼ばれるグラフィックボードが必要になってきます。高性能であるグラフィックボードほど計算処理が高いため仮想通貨を採鉱できる量は多いのですが、その分お値段が高い為に初期投資が必要になってきます。

また、すでに本格的なゲームなどをやられていて高性能なグラフィックボードを持っているという方でも、うまくやらないと電気代が半端なく発生するため結果的には赤字ということもあるのです。

従って、これから仮想通貨のマイニングで不労所得と思われている方はその辺りリスクを踏まえたうえで挑戦されると良いでしょう。
上手にやればそれなに、いやそれ以上に収益の発生するビジネスであることは間違いありません。

クラウドマイニングという方法も

あまりパソコンには詳しくないし、初期投資や電気代がかかるのはちょっと…なにより自宅でマイニングを行う場合、かなりの電力消費と熱で最悪火災の心配も…という方におすすめなのが「クラウドマイニング」と方法です。

クラウドマイニングとは、大手企業がマイニング専用の設備を管理・運営して、それに対して出資するというものです。
マイニングによって得られた収益から、企業が経費と利益を引いた残りを出資者に対して、出資額に応じて配当されます。海外ではかなり普及していてビットコインやイーサリアムのような人気の通貨のクラウドマイニングは募集をかけるとすぐに完売してしまうほどです。

日本でもGMOやSBI、DMM.comなどがクラウドマイニング事業に乗り出すを発表しているので、今後のクラウドマイニング業界が熱くなることは間違いないですね。

アルトコインとは

アルトコインとは「Alternative Coin」のことで、Alternative=代替なコイン・・・すなわち「ビットコイン」以外の仮想通貨のことを指しています。有名なところではイーサリアムやリップル、ビットコインキャッシュなどがあります。

angelx77 / Pixabay

ちなみに、2017/12現在でアルトコインの種類は1100種類以上あると言われており、今後上昇すると予想される通貨を「Next bitcoin」として多くの投資家が注目しています。

各通貨ごとに技術的・通貨としての性質において特徴がありますが、根本的な仕組みはビットコインと同じになります。

ビットコインの税金はどの段階でかかるのか

ビットコインを始めとした仮想通貨で気になるのが「ビットコインはどの段階で課税されるのか?」という話。

まず、取引を順に追って整理すると

ビットコインの購入時

ビットコインの購入時には税金はかかりません。以前は消費税云々とありましたが、通貨として認められた現在では課税されることはありません。


ビットコインの保有時

ビットコインを保有しているだけでは税金はかかりません。

これは、含み損の状態なだけでなく、含み益があっても同じになります。

ビットコインの売却時

ビットコインの売却時に売却益(買った値段よりも高く売った場合)に対して雑所得として扱われ、20万円を超える場合には確定申告が必要です。

MichaelWuensch / Pixabay

ビットコインでお買い物

ビックカメラやHISなどでビットコインを使ってお買い物をした場合にはその時点の時価で売却したのと同じように売却益があれば課税されます。

ビットコインから他の仮想通貨へ

意外と盲点なのですが、ビットコインから他の仮想通貨へ交換した場合も、その時点の時価で売却したのと同じ扱いになり、売却益があれば課税されますので注意しましょう。

楽天とビックカメラの提携に見える三木谷氏の野望

つい先日発表された楽天の携帯事業参入に続いて、今度は楽天と大手家電量販店のビックカメラが共同で新会社を設立して、ネット通販事業を本格的に取り組むという。


この楽天とビックカメラから立ち上げる新会社の通販サイト「楽天ビック」について、主なメディアの論調は「ネット通販最大手のAmazonやヨドバシ.comに対抗するため」と言ったものが多くを占めた。

しかし三木谷氏の本当に狙いはそこであろうか?

stevepb / Pixabay

仮想通貨をやられている方の中には、今回のニュースを聞いてピンっときた方もいるのではないだろうか、実は楽天もビックカメラもともに仮想通貨取引所最大手のビットフライヤー(bitFlyer)と提携を行っている企業である。

ビットフライヤーでは、ビットフライヤーのサイト経由で楽天市場で買い物をした場合にビットコインを還元するサービスを行っています。

また、ビックカメラでは2017年7月にビックカメラの全店舗でビットフライヤーの決済システムを利用して、ビットコインによる支払いを可能に、そしてつい先日はビックカメラ.comでもビットコイン決済を発表したばかりだ。

楽天とビックカメラが、ビットフライヤーを介してトライアングルを形成することで新たな未来が見えてくる。

三木谷氏は一橋大から日本興業銀行(現みずほ銀行)の出身であり、貨幣について精通していると考えると、仮想通貨の中心に立ち、次世代の中央銀行を築くという野望があるのではないだろうか。

【2017年12月最新】日本国内にある仮想通貨(ビットコインほか)取引所・販売所

【2017年12月最新】日本国内にある仮想通貨(ビットコインほか)取引所・販売所

ビットコインなどの仮想通貨を始めてみたいけどどうすれば良いのかわからないってこと多いですよね。

仮想通貨の取引には、まずはじめに以下にある仮想通貨取引所に口座の開設をする必要があります。これは銀行に口座を開く、株取引であれば証券会社に口座を開設するのと同じようなものだと思って下さい。

ビットフライヤー(bitFlyer)

Zaif

GMOコイン

coincheck

多くの仮想通貨取引所の口座開設費や維持費は無料

多くの取引所が口座開設費や維持費は無料なので安心して以下の取引所から口座開設しましょう。