新設「DMM Bitcoin」の気になる取扱通貨は現物で2種類

DMMグループが運営する「東京ビットコイン取引所」の商号が「DMM Bitcoin」となり、新サービスとして展開する。

DMM Bitcoinの前身となる東京ビットコイン取引所は順次サービスを停止、DMM Bitcoinの口座開設の受付は2018年1月11日を予定している。

取扱通貨は現物2種類、信用7種類

DMM Bitcoinで予定している取扱通貨は、現物取引がビットコイン、イーサリアムの2種類。信用取引がビットコイン、イーサリアム、ネム、リップル、ライトコイン、イーサリアムクラシック、ビットコインキャッシュの7種類となっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください