仮想通貨情報局

話題のビットコインやアルトコインなど仮想通貨ついて最新情報をお伝えします

*

仮想通貨ってなんだろう

仮想通貨という言葉を聞いたことはありますか? 日本経済新聞やテレビ東京の「ワールドサテライト」のような経済に強いメディアだけではなく、一般の新聞やテレビのニュースなどでも取り上げられることが多くなってきたので聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。

また、仮想通貨の別の呼び方である暗号通貨や、仮想通貨の一種類であるビットコイン(Bitcoin)という言葉も含めると、ますます聞いたことがあるという人は増えるのではないでしょうか。 そんな仮想通貨ですが「仮想通貨ってなに?」と聞かれると、なかなか明確に答えるのは難しいようです。 そこで、まだまだ一般的ではなく、なじみの少ない仮想通貨を少しでも知ってもらおうというのが当サイト『仮想通貨情報局』になります。 ちなみに、日本国内において仮想通貨であるビットコイン(Bitcoin)の最初の販売所になったビットフライヤー(bitFlyer)の仮想通貨に関する説明は次のようになっています。

仮想通貨とは、インターネットを通じて不特定多数の間で物品やサービスの対価に使用でき、中央銀行などの公的な発行主体や管理者が存在せず専門の取引所を介して円やドル・ユーロ・人民元などの通貨と交換できます。仮想通貨の種類は600種類以上あるといわれています。

まだまだピンっとこないかも知れませんが大事なことは ・不特定多数の間で物品やサービスの対価に使用できること。 → 仮想通貨を使ってお買い物ができたり、サービスの提供を受けることができるということ。 ・中央銀行などの公的な発行主体や管理者が存在しないこと。 → 世界中において各国の経済状況や経済政策に直接的には影響を受けないということ。 ・円やドル・ユーロ・人民元などの通貨と交換できるということ。 → 普段使用している通貨に交換が可能であるということ。 になります。 なんとなくは仮想通貨についてわかってきたのではないでしょうか。 この仮想通貨の技術は日々進化していて、いまだ発展途上と言える状況なのですが、それ以上に法整備が追い付いていないというのが現状のようです。

公開日:
最終更新日:2017/12/20